金蘭千里50式

金蘭千里学園50周年特設サイト

「金蘭50式」は、50周年を迎える金蘭千里中学校・高等学校の「今」をお伝えする特設サイトです。一年にわたり、様々な視点からのコンテンツを50個ずつ発信して、金蘭千里の姿を描き出します。

良書50冊

『孤高の人』  新田次郎

512KH+fo-IL._SL500_AA300_ 518-DmbS1EL._SS500_

 

皆さんは山歩き(自然)が好きですか?
私は、小学校5年生の時にボーイスカウトに入隊してから山を歩いたり、キャンプに出掛けたりしています。(現在もスカウト活動を続けています)
そんな中で新田次郎の本に出会い、引き込まれるように読むようになりました。
その中でも特に皆さんに薦めたい本がこの「孤高の人」です。
この作品は、登山家「加藤文太郎」の生涯をテーマとした小説です。
通常は複数の同行者が協力し合いながら(パーティーを作って)山を登るのが常識とされているのですが、この加藤文太郎は、地下足袋を履いて単独行によって数々の登攀記録を残した人です。ちなみに、須磨に住んでいた彼は、早朝に須磨を出発し六甲山を縦断し,宝塚に下山した後その日のうちに歩いて須磨に帰ったそうです。(約100km)
彼は、孤高を愛し、単独行を貫いていたのですが、結婚を機に一人ではなく、家族といるときの日々に幸せ(喜び)を感じるようになっていました。そんなところに、加藤を崇拝する青年と出会い、初めて組んだパーティー登山で遭難してしまい、二度と帰らぬ人となってしまいました。
この作品を読むと、自分が実際にその場にいるような臨場感があり、山での状況が手に取るように感じられます。山が好きな人、またそうでもない人でも楽しめる作品だと思います。是非読んでみてください。

【Amazon】  『孤高の人』(上)  『孤高の人』(下)