金蘭千里50式

金蘭千里学園50周年特設サイト

「金蘭50式」は、50周年を迎える金蘭千里中学校・高等学校の「今」をお伝えする特設サイトです。一年にわたり、様々な視点からのコンテンツを50個ずつ発信して、金蘭千里の姿を描き出します。

良書50冊

  G.ポリア(訳.柿内賢信)『いかにして問題をとくか(How to Solve it)』

数学の問題を解くにあたり、心掛けておくべきこと、特に発見的研究について書かれた本である。1944年に書かれた本であるが、残念ながら今日でもこのテーマが浸透されているかといえば、そうとはいえない。

その原因の一つに、数学が得意である人はこの本に書かれている多くのことがらを、習うことなく、無意識に、実行していることが挙げられる。習ったこともなく、意識もしていないので、学習者に対しても同じように自分で思い付き、考えることを要求してしまう。

数学を学習する人だけでなく、数学を教える人にも読んでもらいたい本である。
この本を読んだからといって、問題がすらすら解けるようになるはずもないが、問題に直面した場合、どのように考え、どこにその解法の糸口を見出すか。数学の不得意な人も得意な人も参考になることが多いだろう。