金蘭千里50式

金蘭千里学園50周年特設サイト

「金蘭50式」は、50周年を迎える金蘭千里中学校・高等学校の「今」をお伝えする特設サイトです。一年にわたり、様々な視点からのコンテンツを50個ずつ発信して、金蘭千里の姿を描き出します。

生徒50人

金蘭千里におけるクラブ活動は、とても重要なものです。なぜなら、縦の関係、つまり他学年との交流が持てるからです。
特に目上の人とのコミュニケーションの取り方は、社会に出てからさらに重要になってきます。
先輩とクラブ活動を通して関わりをもつことで、コミュニケーションの取り方だけでなく、様々なことを教えて頂けます。

私たち百人一首部が練習している「競技かるた」はスポーツの一種です。
この競技は他のスポーツとは違うところがあります。それは試合をしている一組ごとに審判がつかないことです。
多くの競技では一競技に一人以上の審判がつきますが、「競技かるた」ではどちらが先に札に触れたのかを、セルフジャッジで決めます。この時に、自分の取りだと主張したい気持ちはありますが、セルフジャッジであるので紳士的な対応が必要となります。
なので競技かるたでは「相手のことを常に思いやってプレーする」ことが対峙になります。このことから、思い遣りを持つということを私は自然に身につけてきました。

このようにクラブ活動に参加することで、私は「先輩」方からたくさんのことを学ぶことができましたし、クラブ活動中以外でも校舎内で顔を見かけたとき、話を聞いて頂くことがあります。
これからは後輩たちを指導していく立場に立つので、尊敬されるような先輩になり、思い遣りをより一層持てるように、これからも成長していきたいです。

(百人一首部  H.Y)